借金虎の穴

審査が不安な方へ

専業主婦がカードローンを申し込む場合

収入を旦那様の給料に依存している専業主婦であっても、
急な出費はありえますし、出来れば旦那様に知られずに
現金が必要な事もあるでしょう。

しかし専業主婦だとカードローンの申込みを断られたり、審査が
厳しかったりするイメージを持たれている方も多いと聞きます。

その理由として、平成22年6月に改正された貸金業法で新しい規制が
設けられた為(総量規制)配偶者の同意書や婚姻関係を示す書類の提示が
無ければ借入を行えなくなった事がが挙げられます。

この「総量規制」は、当時ワイドショー等で大きく取り上げられた為、
「主婦はお金を借りれない」といったイメージが先行したものと思われます。

しかし、あくまでも総量規制は「貸金業法」の適用を受ける事業者に対する
規制で、「銀行法」の適用を受ける銀行系カードローンであれば、専業主婦でも
収入証明書の提出無しでカードローンを作る事が可能なのです。

ただし、限度額は50万円未満程に抑えられていますので、あくまでも
少額の融資に限られる事を頭において下さいね。  

フリーターがカードローンを申し込む場合

それでは専業主婦と異なり、毎月の収入があるフリーターの場合はどうでしょう。

こちらもイメージ的に、正社員と違って審査が厳しかったり専業主婦の様に
借入限度額が低く抑えられてしまうとお考えではないでしょうか。

しかしフリーターであっても毎月安定した収入があれば、一定の勤続年数があり
過去に返済にまつわる事故情報等が無ければ十分に審査を通ると言えます。

例えば貸金業法適用の消費者金融での借入であっても、仮に年収が300万円
あれば100万円まで借りる事が出来る可能性があるという事ですし、銀行系
カードローンでの借入であれば、当然総量規制の対象外となりますので、
審査の結果によっては消費者金融以上の限度額を提示される可能性もあります。

ちなみに、カードローンの審査とは、簡単に言ってしまえば返済能力の
審査ですから契約後に一定期間以上の継続利用があり、返済に延滞等が
無ければ限度額の増額申請が認められる可能性もありますので、継続
利用を検討されている方は覚えておいてくださいね。
Copyright (C) 2014 借金虎の穴 All Rights Reserved.